バイクを購入するのにはまとまった費用が必要になります。

そのため、どうせならば購入費用を低く抑えておきたいところです。とはいっても、値引きをしてもらえる額には限度がありますので、別の方法を考えなければなりません。

そこでおすすめなのが、それまでに乗っていたバイクを、バイク買取業者に売るという方法です。

新車を購入するにあたって、古いバイクを下取りに出してもらう人がいますが、下取り価格はバイク買取業者の買取価格よりも低いです。
その理由は、買い取ったバイクを直接販売するのではなく、多くはオークションへと流すからです。

お手軽なカスタムジャパンで快適な暮らしを実現しましょう。

その点、バイク買取業者の中でも、自社の販売ルートを持っているところは、仕入れたバイクをそのまま販売します。

業者の取り分が一社分だけになるため、相対的に価格は高くなります。
このように、下取りをしてもらうよりも買取をしてもらった方が高く売ることができるので、その分を新車の購入資金に充てることが可能となります。結果的に、バイクを値引きして購入したのと同じ結果となります。

古いバイクをそのまま取っておく方は利用することができませんが、大抵の方は、バイクを乗り換えることにするでしょう。

したがって、この方法は有効です。

ただし、買取業者の買取価格自体にも差があるため、より高く買取をしてもらいたいなら査定を比較することは必須です。
面倒ですが、一括査定サイトを活用すればそこまで面倒ではないため、実践するのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です